中学入試情報
高校入試情報
資料請求
INFORMATION
【カナダ・ヴィクトリア 語学研修レポート】授業編 
2022/08/5
この研修は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるヴィクトリアで約3週間、ホームステイをしながら語学学校で勉強をする、英語漬けの研修です。
今回は、語学学校での授業の様子を紹介します。



今回の研修では、日中、語学学校で英語の授業を行っています。
担当してくれる先生は、日本でも英語教師をしていた先生や20年以上語学学校で教鞭をとっている先生など様々です。
年齢が近い、大学生スタッフが教鞭をとる場合もあります。



生徒は初日にクラス分けテストを行いました。
語学学校では、頻繁に生徒を入れ替え、習熟度別クラスで授業を実施しています。
ある生徒は、「12歳のメキシコ人の方が私たちよりも英語ができている…」と話してくれました。
英語が母語ではない外国人と切磋琢磨して勉強ができることは、生徒たちにとっても非常に大きな刺激になっているようです。



授業では、同じくサマーキャンプに参加しているメキシコ人やドイツ人、他の学校からきている日本人と授業を行います。
最初の数回の授業では、ゲームなどを使用して、英語で交流する機会が多くとられています。
この授業をきっかけに、生徒が英語を使って、品川翔英生徒以外と交流していたことがとても印象的です。



2週目の授業になると、授業は本格的に文法やスピーキング、ライティングの授業になります。英語でグループワークを行いながら、時には先生が間に入り、1対1で指導をしています。

生徒の一人は、このようなことを共有してくれました。
「最初の授業では、本当に何言っているのか分からなかった。」
「けれど、2週目になると少しずつ聞き取れることができるようになり、相手の言いたいことが理解できるようにった。でも、言い返すことができない…」
この生徒の話を聞き、成長の実感を得ることができている、かつ、次の目標を明確に設定できていると感じました。

言葉が分からず、辛い気持ちになりながらも、できることを少しずつ増やしている生徒に感心するとともに、より多くのことができるようになるよう、これからもサポートしていきたいと思いました。

<続く>